TBSスペシャルドラマ「赤めだか」

あの立川談志師匠に弟子入りした、立川談春さんの苦労話。
学校の行事で談志さんの落語に接した信行(談春)。高校を中退し談志さんの押しかけ弟子となる。弟子とは名ばかりの談志の家の雑用を先輩弟子とこなし。師匠を怒らせて築地魚河岸での修業を命じられても何とか慣れて、晴れて二つ目となる・・・。
 
DVDレンタルにて視聴。TVは見逃し。立川談春さんのの談志さんへの入門話。
たけしさんが談志さんを見事に再現している。明らかにタイプは違うのに。自分勝手で破天荒、でも弟子のことは良く考えている、さすが談志さん。落語の本質を知っている。でもお友達にはなりたくないなー。
個性が強すぎる。

立川流(円楽党もそうだけど)席亭さんから許される日は来るのだろうか。寄席に出させてあげてほしいものだけど

相棒15「アンタッチャブル」

通り魔殺人事件、物証が少なく、あるのは目撃証言だったのだが、目撃者が警視庁高官の家族?らしい。目撃証言はその高官を通してのものだった、刑事部長の引き留めにもかかわらず、特命係の二人は目撃者からさらに直接証言を得ようとする。

なんだか簡単なミステリー、どうも今後の副総監やサイバーセキュリティ対策本部の青木君との関係の振りのエピなのか??

相棒15「元日スペシャル;帰還」

 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に、郊外のベッドタウン黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。また、前科のある人間を積極的に受け入れ、寂れかけた町を再生させるプロジェクトに取り組んでいる黒水町の町長・和合(八嶋智人)も列席していた。その会場に、四方田宛の差出人不明電報が届く。そこにはラテン語らしき文章と子供が描いたようなシロクマの絵が記されていたのだが、それを見た四方田はなぜか動揺して…!?

スペシャルらしい屈折ぶり。いかにも怪しそうな住民。伊藤歩さんはこのシリーズ初出演だったのかな。大杉蓮さんの副警視総監はこのシリーズで見かけたっけ。冠城が鑑識の真似ができるとは、正式に警視庁へ入る前の学校で米沢さん?の技術を習ったらしいが今まで(今シリーズ序盤)はそういう才能を発揮しなかったのか。まあいいや・・。
やはり最後でひっくり返しという相棒らしいエピ。

TBS「逃げるは恥だが役に立つ」

ずっと見ていましたが、作りすぎた設定、あまりに理屈っぽい二人、でもその不器用さが共感できるという。ラストはやはりハッピーエンドということで、すっきり感はあるものの(でも微妙さは残るが・・こういう感じでやっていけるのか)少し説明不足というか。何か残った感じ。
でも快作であるのは確か。
もう一度一から見たいと思える・・。

真田丸「最終回」

夏の陣最後の決戦、毛利勝永の奮戦、幸村の突進により一時は徳川勢も劣勢に入ったが、春永が秀頼のシンボル、ヒョウタンを掲げて大阪城に退いたため豊臣軍の士気が下がってしまう。そして勢いを得た徳川勢に奮戦するも力及ばなかった幸村は佐助とともにある寺で自刃する・・・。

最終回はタイトルないんだ。ラストもう少しフラッシュバックの画面でと思うけど、千姫や春と娘の流れをはっきり描くのが良かったかもしれない。きりは結局・・・?
終わってしまったロスに、アントラーズの出るサッカーの世界クラブ選手権決勝戦はいい気分転換になったのかな。
快作だなー。まあコメディタッチの部分には目をつぶるとしよう・・・。総集編も結構長い時間を取るらしい。

NHK「スクラップアンドビルド」

主人公の健斗(28)は無職。勤務していた会社に嫌気がさして仕事を辞め、行政書士資格試験に向けての勉強をしながら就職活動をしているが、企業の中途採用試験には落ち続け、いやになるほど無為な日々を送っている。
健斗は、母親と、87歳になる要介護の祖父と同居している。祖父は大きな病気もしておらず年齢からすれば健康体といっていいくらいだが、体が思うようには動かず、口癖は「もう死んだほうがよか」。そんな祖父にへきえきとする健斗だったが、ある時、ふと健斗は思う。自分はいままで、祖父の心の叫びを、聞き流していたのではないのか? ただベッドに横たわり、やがて来る死を待つだけなら、早めに死にたくもなるのではないだろうか。健斗は自分の今までの祖父への接し方が、相手の気持ちに向き合わない自己中心的なものに思えてくるのだった…。

もやもやする思いを健斗は介護業界で働く友人の大輔に話し、「被介護者を可能な限り手厚く介護することがいちばん効果的なんじゃないか」、と助言される。「え、どういうこと?」。「過剰な介護を受けて動かなくなれば、人間、筋肉も脳もいっぺんに衰えるからさ」と大輔が健斗に言う。祖父が心から望む安らかな尊厳死を迎えることができるように、祖父をできる限り手厚く介護して弱らせてあげようというヘンテコな決意が健斗の心に生まれ、そして祖父との奇妙な介護の攻防戦(?)が始まる。しかし、祖父に秘められた謎がしだいに大きくなるとともに、事態は思いがけない展開を見せ始めて…。

(以上公式ホームページより)


あーなんかややこしい話と思ったら、いい話なんだ。

おじいちゃんの真意がもう一つ見えないんだけど、言えるのは孫を大好きなことと、健斗のことを考えていることかな、それが健斗にわかったということなんだろうか。

まあ原作を読んでいないので、でも一時期バラエティに出ていた羽田君を見るといい話を書く人かなと思える。でも軽いわけじゃないけどね。

真田丸#49「前夜」

幸村(堺雅人)からの書状を読んだ信之(大泉洋)は、幸村が死を覚悟していると直感し大坂行きを決意する。一方、豊臣方と家康(内野聖陽)との最終決戦~大坂夏の陣~がいよいよ始まる。幸村は又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)とともに策を立てる。徳川軍をくいとめるのは道明寺。しかし、豊臣方の策はことごとく漏れていた…。ついに幸村は、春(松岡茉優)を城から出すことに。そして、きり(長澤まさみ)には最後の使命が…。
(以上公式ホームページより)

五人衆のうち3人までが・・。幸村に残されたのは悲劇への花道か・・。なるほどここできりを生かす。うまい作り。春さん(竹林院)は生き残ったのか。戦闘シーンはあっさりとしていますが、おそらくそういうシーンは苦手な三谷さんの作りなのかな。まあでも最終回はたっぷりと描くでしょう。

真田丸#48「引鉄」

豊臣と徳川の和睦の後、真田丸は取り壊され、大坂城は堀も埋め立てられてしまった。幸村(堺雅人)は起死回生を狙い、家康(内野聖陽)をわなにかけるよう佐助(藤井隆)に命じる。佐助は、もし家康暗殺に成功したら夫婦になって欲しいときり(長澤まさみ)に告げ徳川の陣へ。家康との頭脳戦が展開する中、幸村は不思議な型の銃を手に入れる。一方幸村からの書状を読み、その真意を悟った信之(大泉洋)は、大坂へ向かうと言い出す。
(以上公式ホームページより)

和睦交渉で阿茶局にいいように約束されてしまって、大坂方は厄介な状態に、とりあえずは引上げ中の家康方にいる甥たちに幸村は面会ということなんだけど、おそらくは史実にあるんだろうな、まあいったん和平にはなったんだから会える状況なんでしょうね。
家康の大坂方の浪人たちへのうまい挑発、それにやすやす乗ってしまう。まあここらが戦力の質の違いか。
面白いのはあまり重い時代劇にならないように作っていることなのか。
実は重い話なのに疲れないということでしょうか、
まあ脚本家の作りにもよるのでしょうか、BSで再放送中の武田信玄に比べると、かなり軽い。今の時代結局これでいいのかかな―。

真田丸#47「反撃」

家康方の大阪城への砲弾発射により衝撃を受けた茶々(淀君)は和平に傾く。結局、茶々の妹、お初の方(常高院)を使者に立て。家康方の使者、阿茶局(家康の側室の一人)と交渉するが、うまく言いくるめられてしまい、真田丸の破壊と大阪城の掘を埋めることを約束してしまう。

まあよく知っている歴史の流れ通り。そしてドラマのセオリー通り、いったん不安を感じた浪人たちも徹底抗戦を主張する幸村についていくことになる。さすがに作りがうまい、交渉場面は例によって肝心な場面だけど少しコメディタッチ。きりの扱いがうまいけどでもさすがに微妙かな(笑)。

真田丸#46「砲弾」

幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦(とりで)を攻めあぐねる家康(内野聖陽)は、幸村に10万石の領地を約束するなどさまざまな調略に乗り出す。有楽斎(井上順)らの強い勧めで秀頼(中川大志)は和睦を決意するが、幸村は有楽斎の言動には裏があるとあやしむ。幸村は、意を決して茶々(竹内結子)への直談判に挑む。一方、家康の陣にはイギリスから取り寄せた大砲が到着。運命の砲弾が、大坂城に向けて放たれる!

いよいよ大砲が家康方に。イギリスから輸入ということなんだけど、当時はまだ鎖国前ということで輸入可能だったのかな。ちょっと淀殿の立場が微妙のような気もするのですが、どうも大蔵卿や有楽斉の意見が支配するのかなー。
ガス抜きをさせる夜襲など史実にもあるんだろうか。幸村、あえてそれに参加して、孤立を防ぐなどさすがかな。わざとらしい幸村の叔父の調略活動のふりなどは快哉を叫びたいような。まあでも徐々に悲劇に向かって行く。


フリーエリア

こちらをクリックするとyahooさんのyahooボランティアのページが表示されます。
プロフィール

khtatu

Author:khtatu
テレビドラマブログへようこそ!
新ドラマ感想です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード