テレビドラマレビュー

Archive2016年11月 1/5

真田丸#47「反撃」

家康方の大阪城への砲弾発射により衝撃を受けた茶々(淀君)は和平に傾く。結局、茶々の妹、お初の方(常高院)を使者に立て。家康方の使者、阿茶局(家康の側室の一人)と交渉するが、うまく言いくるめられてしまい、真田丸の破壊と大阪城の掘を埋めることを約束してしまう。まあよく知っている歴史の流れ通り。そしてドラマのセオリー通り、いったん不安を感じた浪人たちも徹底抗戦を主張する幸村についていくことになる。さすが...

  •  0
  •  0