テレビドラマレビュー

Archive2013年05月 1/4

八重の桜#21

鳥羽伏見の戦いに敗れ。慶喜は容保とともに(というか強引に拉致同前)部下をほっといて江戸城に逃げ帰るわけでいよいよ会津に戦火は迫ってくるわけでして、今回は八重の弟が戦死し、修理も詰め腹を焦らされる(文字通り)。いっぱい死亡フラグが立つわけです。まあ当然悲惨さを強調するんだけど、この後の会津での戦いの盛り上げでしょうか。このところは歴史に忠実な流れで今回も八重の出番は少なく、まあこの後どっと八重中心の...

  •  0
  •  0