坂の上の雲第3部

終了しました。これで3年にわたって制作された坂の上の雲完全に終わった。結局あれほど真之が悩みながらも海軍をやめなかった理由はわかりませんでした。

好古の総括もなんだか不明だった。釣りのシーンでも好古が真之を褒めただけか。

ある意味大河らしい、歴史的事実を重点にそれに絡まるいや翻弄される個人。むろん阿部さんも本木さんも好演なんだけど、そのあたりは良くわからなかった。

第3部は軍事映画のようになってしまった。しかし現在のCGはすごいな。リアルで。圧倒されるが個人を描くという意味では、児玉さんや乃木大将、東郷元帥など歴史的人物で、当然なんだがキャラ立ちしていた。肝心の秋山兄弟の描き方は、前半のほうが良く描かれていたと思う。

無論最後の帰郷したあたりはよいが・・・。

前にも書いたがこれを年間通した大河ドラマにしたらどうなのか…スペシャル大河では回数不足なのかも・・でもこの話を年間通した大河ドラマにすると軍国主義ドラマと取られそうなので出来ないのかしらん。
スポンサーサイト

テーマ : NHK総合
ジャンル : テレビ・ラジオ

フリーエリア

こちらをクリックするとyahooさんのyahooボランティアのページが表示されます。
プロフィール

khtatu

Author:khtatu
テレビドラマブログへようこそ!
新ドラマ感想です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード