NHKドラマ「風をあつめて」

難病の子を抱える家族の絆を描く。
老人福祉施設に勤める夫と妻に間に出来た娘は難病の筋ジストロフィーだった。子育てに励む妻から夫はいつしか仕事に逃げ帰宅が遅くなり夫婦の会話が途切れる。それを救ったのはノートにお互いの気持ちを書いて伝えあうこと・・。危機を脱した夫婦、夫はいつしか二人目の子どもがほしいと考える・・しかしお互いの遺伝子から障害をもつ子供が生まれる可能性は4分の1だった。そして二人目の娘はやはり同じ筋ジストロフィーをもっていた。
絶望する夫婦、しかし前向きに子育てに励む・・・。

体験手記~のドラマ化。つらいことではあるけど。つい見てしまいました。2足りの障害児を抱えた両親がどうやっていくのか。しかも子供たちの寿命は短い。まあ他人ごととしてしか見られないけど。子供たちの世話で時間の大半が取られる生活をどう考えるか。この夫婦は当たり前のこととして考えているような。強いなー。
スポンサーサイト

テーマ : NHK総合
ジャンル : テレビ・ラジオ

フリーエリア

こちらをクリックするとyahooさんのyahooボランティアのページが表示されます。
プロフィール

khtatu

Author:khtatu
テレビドラマブログへようこそ!
新ドラマ感想です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード