真田丸#47「反撃」

家康方の大阪城への砲弾発射により衝撃を受けた茶々(淀君)は和平に傾く。結局、茶々の妹、お初の方(常高院)を使者に立て。家康方の使者、阿茶局(家康の側室の一人)と交渉するが、うまく言いくるめられてしまい、真田丸の破壊と大阪城の掘を埋めることを約束してしまう。

まあよく知っている歴史の流れ通り。そしてドラマのセオリー通り、いったん不安を感じた浪人たちも徹底抗戦を主張する幸村についていくことになる。さすがに作りがうまい、交渉場面は例によって肝心な場面だけど少しコメディタッチ。きりの扱いがうまいけどでもさすがに微妙かな(笑)。
スポンサーサイト

真田丸#38「昌幸」

九度山村に幽閉された昌幸と信繁。赦免の願いは一向に届かず10年が経ち昌幸は倒れてしまう。
一方家康は成人した秀頼と対面し、その器量に危機感を抱く

真田昌幸惜別の回。そして話は大坂の陣の前哨戦に移っていくのかな。
草刈さんの昌幸は抜群だった。これでしばらくは大坂の陣の振りになるのかな。佐助ときりの話は膨らむのか?まあ色っぽい話は抑え気味になると思われるが、きりの行く末にかかわるのかもしれない。

真田丸#37「信之」

関ヶ原での西軍敗北により徳川に降伏した信繁(堺雅人)と昌幸(草刈正雄)。信幸(大泉洋)と忠勝(藤岡弘、)による、家康(内野聖陽)への必死の助命嘆願により、高野山への流罪と決まる。しかし、その代わりに家康が信幸に命じたのは厳しい条件であった。一方、大坂に立ち寄った信繁は、三成(山本耕史)と刑部(片岡愛之助)の最期について知ることになる。そして高野山に向かった信繁たち一行を待ち構えていたのは…。

家族から大谷刑部と、石田三成の顛末について知らせるという、回想場面でということか。
小早川秀秋はここで終了か。家族の行く末などの流れ説明などつなぎの回か。
やはり三谷さんはうまい。

真田丸#36

稲姫は沼田城を閉ざし、信幸の正室として徳川方としての行動に出るわけで、まあ徳川方から怪しまれない行動ということなんだけど、 そして2度目の徳川方との上田城決戦、これで秀忠の関ケ原参陣を遅らせたようなんですがね。

そして信幸には無血で沼田城へ入場させるように持ってくという、さすが昌幸かな。

関が原決戦の結果のみを関が原に関与はしていない真田一族に知らせるという、まあ史実はそうなんでね。作りがうまいなー。

NHK「水族館ガール」

入社3年目のOL・嶋由香(松岡茉優)は重要な契約書の一部を紛失するなど失敗ばかりで、ついに系列のはまかぜ水族館への出向を命じられる。そこで待ち受けていたのは厳しい飼育員・梶良平(桐谷健太)、クールな総務課長・倉野(石丸幹二)、姉御肌の吉崎(西田尚美)、獣医師・磯川(内田朝陽)ら、見るからに個性的な面々。由香はまったく経験のない海獣課飼育員として生き物相手の初業務に臨むが、そこへ異動を命じた本社の上司・森下(木下ほうか)が現れ…

(以上公式ホームページより)


おなじみ主人公の成長物語なんだけど、今回は水族館の飼育員で、細かいネタも知って興味深い。

やはり松岡茉優さんはキュートだけどちょっと地味かな。桐谷健太は個性的でいいけどなちょっとこわもてすぎかな。クールとまではいかないのかなー。木下ほうか氏がラストにはいい人にこれはこれで何か気持ち悪い(笑)

まあ佳作の手前か。決して嫌いな作品ではないんだけど・・。

フリーエリア

こちらをクリックするとyahooさんのyahooボランティアのページが表示されます。
プロフィール

khtatu

Author:khtatu
テレビドラマブログへようこそ!
新ドラマ感想です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード