テレビドラマレビュー

テレビドラマへの独断的感想ブログでございます。

ドラマスペシャル「68歳の新入社員」

0 Comments
khtatu
定年退職した仁井本和夫、68歳になり仕事をしないうつうつとした日々を送っていたがある日、かつて務めていた菓子会社の若社長に声をかけられる。再雇用を進められ喜ぶ和夫だったが、上司になったのは新しい部門をまかされていた28歳の工藤繭子だった。戸惑う和夫だったが上司の繭子も新規商品の開発を任せられ悩んでいた。新しいIT機器に戸惑う和夫はかつて部下の悩み相談にかかわった経験を活かしそれとなく繭子の相談に乗る。しかしそれが誤解を受け・・・。

脚本;岡田恵和

さすが岡田さん、自然な台詞回し。ドラマらしいいいような展開もありますが、まあいいんじゃないか。
悪人を作らないラストも岡田さんならでは。
決して定年後の初老の男の渋い話ではないのが救われるけど・・まあきつい話ではないので。
佳作。
スポンサーサイト

半分青い(第11週まで)

0 Comments
khtatu
朝ドラらしくない濃い恋愛ドラマの面もある。
鈴愛の律への思いが濃すぎるんだけど、大人の恋愛ができてはいない面もあるのか。
漫画制作の成長物語とも絡んでうまく出来ているような気がする。

西郷どん#21回まで

0 Comments
khtatu
奄美大島編は二階堂ふみさんの名演により最高だった。
亮平君は影が薄い。
これからの話の流れが危惧されるが
…久光役が青木崇高氏ということも、何か微妙な立ち位置の久光らしいが、この人まあやや貫禄がないけどそういう作りか。最近の大河からしてこれでいいのか。
話の流れもあるのだけど瑛大君の熱さがどうも亮平君の微妙なクールさを感じてしょうがない。
今後の展開でどうなるのか。どうも年寄りなので過去の作品と比較してしまうのはしょうがないのか。
何せ原作があの人なだけに不安が・・。

大河「西郷どん」#17まで

0 Comments
khtatu
大河と朝ドラはリアルタイムで見るということで見ています。
原作者は気に入らないのですが、脚本がうまいのか、まあ歴史的事実のおさらい・・「翔ぶが如く」や「篤姫」で流れは把握しているのですが、あらためて、そしてどうしても比較になるんですが・・・。
とくに「篤姫」で、瑛大さんが小松帯刀を演じ、今回は大久保利通。このあたりはちょっと・・まあ仕方がないのですがね。
「篤姫」では西郷さんは小澤さんの息子さん。大久保はあの原田君でなんだかな・・・。まあ今回「西郷どん」のほうがこの部分は数段良いのですが。
話はいよいよ最初の島流しとなります。ここでラブロマンス?というわけなんですがね。
斉彬が亡くなり久光の時代になって再び斉興が台頭、久光は頭が上がらず・・ということなんだけど作りすぎか??
個人的には歴史好きなのでまあこの流れでもいいのですがドラマとしては歴史の後追いということで。ここらは大河らしい。

わろてんか最終週

0 Comments
khtatu
劇中劇で回想をするという試みは面白いんだけどな。ちょっと素人っぽく演技するという演出はどうなのか。最後まで藤吉の幽霊を出すのも微妙か。まあこんなものか。
出来はまあまあ。

メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車;ラーメン屋店主、今村編」

0 Comments
khtatu
大杉漣さん追悼のため、過去の今村さんのエピの回をまとめて再放送、そして2018年版を見る。

初回しかリアルタイムでは見ていないのですが、その後のエピは地味ですがヒューマンなエピにさんの渋い味が生きていて、若干の老け役なんだけど、こういうさんもいいなーと思う。
この後のエピはもうないのかーと思う。まあこのままで今村さんのエピは終わり。あるのかわかりませんが次期シーズンでは代役による追加エピはなしということでいいと思う。
さん、合掌(;_:)

相棒16最終回スペシャル「容疑者6人」

0 Comments
khtatu
写真誌「週刊フォトス」の記者・風間楓子(芦名星)が、エスカレーターから転落し、額を縫う怪我を負う出来事が発生。現場に居合わせたのは、峯秋(石坂浩二)と美彌子(仲間由紀恵)、衣笠副総監(杉本哲太)と青木(浅利陽介)、内村刑事部長(片桐竜次)と中園参事官(小野了)の6人。その出来事について「週刊フォトス」が「警察の報復か?!」と報じたため、ネットに6人の素性がさらされる騒ぎとなり、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は調査に乗り出す。

よく考えれば恐ろしく狭い身内ネタ。それもただの(と言ってはいけないのですが)傷害事件。これを最終回に持ってくる。輿水さんなのに・・地味?苦しい??

ラストも、やや衝撃ではありますがしょうもない内容なのか。
まあおそらく次のシーズンでは早々に青木君は戻ってしまうような気がしますが。
よく知りませんが、仲間さんは妊娠発覚で相棒役にはできないのか??
反町ではなー。

わろてんか第21週まで

0 Comments
khtatu
早いもので、もう終了まで1か月ちょっとなのか。藤吉はまだ幽霊となって出てくるのかなー。
今は隼人の成長物語が中心なのか。マーチンショウガどういうものか映像の出てくるのか。ナレだけで終わるのか。おそらくそうかも、それにしてもわかなちゃんの貫録が日増しについてきて、まあ配役がなかなかなのかなー。
まあ商売関連の話はあまり経済ドラマっぽくはしないようだ。ここらがある意味企業ドラマの面がちょっと弱いなかな。
わかりやすい朝ドラの視聴者向けの作りとなるのはしょうがないのか。このあたりがなにか地味で面白さが少なくなるのかなー。
リリコ、四朗のエピも何か共感しにくい。作りがもう少し。

相棒16#12「暗数」

0 Comments
khtatu
警視庁副総監の衣笠(大杉漣)が、青木(浅利陽介)と会食後、2人の暴漢に切りつけられる事件が発生。衣笠は7年前、県警本部長時代に、カルト集団の一斉検挙を指揮した経緯があり、その関連も視野に入れて緊急対策チームが編成される。いっぽう、青木から事件の話を聞いた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の捜査に乗り出し、衣笠家を訪れる。周囲は警備が強化され、許可のない者は門前払いだったが、以前、事件の目撃者として特命係と知り合った衣笠の娘・里奈(桜田ひより)の計らいで話を聞けることに。衣笠家には、4年前にも脅迫めいた手紙が届いており、母の祥子(筒井真理子)はそれで体調を崩して今も療養先から戻ってないという。以来、家事は晃子(長野里美)という家政婦が担っているというが、彼女の存在に引っ掛かるものを感じた右京は周辺を調べ始める。

暗数ってそういう意味か・・。種明かしはちょっと強引か。まあでもヒューマンな流れ。山本むつみさんらしいのか。出来はこの人ではいまいちなのか。

相棒16#11「ダメージグッズ」

0 Comments
khtatu
ロンドンで研修中だった陣川公平(原田龍二)が帰国した。2年前、好意を寄せていた女性が殺害され、犯人に私刑を下しかけた陣川。それからしばしの時間と海外研修を経て、一回り成長した姿を見せる。が、本質的な部分は変わっておらず、今回もロンドンで知り合ったという女性について、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に相談を持ち掛ける。それは、咲(真野恵里菜)というざっくばらんな性格の女性で、不可解なメールを残して自殺した親友・麻里(川村ゆきえ)の死に疑問を抱いているらしい。遺体が発見されたのは、立ち入り禁止の山深い渓谷。そこは少女時代を児童相談所で過ごした彼女たちが、苦難続きの人生を終わらせるか否か、胸中の覚悟を試す場所だったという。捜査を進めると、麻里は「スナックを開いて人生をリセットする」と言っていたというが、その周囲には「シュガー」と呼ばれる白いスーツの男の影が見え隠れしていた。

陣川君も趣味がいろいろ、ヤンキーでいいのか。結局ああこうなのかという流れ。よくあるのだが。ちょっとあの人が…。とも匂わせて・・。うまいつくり。
そんなひどい結果にはならないところがまあいいのかな。陣川物の割には陣川君あまり登場しない。花の里で飲んだくれないし・・・。成長しましたということか。