朝ドラ「べっぴんさん」最終週

引退してしまうと、仕事関連の話はできなくなってしまうんですが、軽いエピでつなぐという流れ、
かつてのフォックスさんも回想で登場し、振り(というのか)の回収に余念がないということなのか。
なにか終盤になってから地味な流れになってしまいました。

とと姉ちゃんでは仕事のエピ、インパクトもあったんですが。まあ雰囲気がいいままで終わりたいということもあったのかなー。朝ドラだし。
水準は行ったんでしょうか。後半出演の俳優さんが高年齢を演じることの(今の女優さんは老けないんだなー)違和感はぬぐえなかった。
ちょっと残念。
スポンサーサイト

テレビ朝日2夜連続スペシャルドラマ「そして誰もいなくなった」

ご存知、アガサクリスティの有名作品を日本版にドラマ化。
そうか渡瀬さんが・・たくさん出てくる。どうも遺作らしい。
あのシーンは実はリアルなのか・・そんなに容体が…(*_*;

ドラマ自体はどのぐらい原作通りなのかはわかりませんが、あのトリックはちょっと凝りすぎかも。
渡瀬さんの独白はさすが・・・(;_:)
過去に映画版も見ているのだがストーリーは記憶にない。

相棒15最終回スペシャル「悪魔の証明」

事件が起こらない最終回スペシャルというのは初めてかな。要するに社さんがシングルマザーだったこと。まあこれは振りが過去にありましたが、乗っ取られた冠城のパソコンから社のパソコンへ侵入し彼女のプライベート画像が流出、出版社にリークされ隠し子の存在が公けになってしまう。

まあ微妙に地味な話と、久しぶりにストイックで厳しくこだわる右京さん。冠城君との相棒シリーズではよく見られた笑えるシーンはほぼなく、ドラマ中、冠城氏の微妙な発言に関しての厳しい怒りの口調。久しぶりですねーこんな右京さんは・・。

まあさすがの冠城氏もいつものようなひょうきんなコメディタッチの面はなく。相棒らしい感じ。
でもまあちょっと堅苦しい・・最近の楽な相棒モードに慣れたからでしょうか・・さすが輿水さん・・というところなんですかね。

成宮君再登場とかの話は・・・回想シーンでね。まあこれで公式に認められたらしいので出演シリーズ再放送にも光明が・・・。

朝ドラ「べっぴんさん」

映像、ローアングルの部分もあって、額縁的な画面作りも昔の日本映画を意識したのかなー。
やはり40代ぐらいの老けた感じを若い出演者がずっと作っていて、まあもうそろそろ終盤なんだけど、栄輔さんも若い感じ。まあ同世代のはずなんだけどな。
落ち着いた感じで今時のドラマとしては不思議なんですが、これでいいのかな。
事実上の時代劇のようなんですが、まあエピがあまり大騒動にはならないのは、特に会社が安定してからは変化が少なく微妙なん感じなんです。
変ではないんですがちょっと最近の朝ドラとしてはレヴェルが落ちるのかなー。

相棒15「ラストワーク」

“スガチー1888”と名乗る若い男が、数日前に投稿した「ラストワーク」という動画がネットで話題を呼んでいた。動画には、拳銃を持った謎の人物に脅され、恐怖におびえながらステーキを食べる初老の男性(渡辺哲)が映っており、フィクションかリアルな犯罪動画か物議を醸しているのだ。警察としては、放置してしまうと後で責任を問われかねず、かといってこの段階で“捜査”を始めると「表現の自由の侵害だ」と批判されかねないため、捜査権のない特命係に“調査”の指令を下す。それを受け、さっそく動画の投稿者について調べ始めた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)からスガチー1888が中鴨(尾上寛之)という若い動画クリエイターであるという情報を得る。青木によると、中鴨は事故や事件の現場に赴き、その映像に自作のラップや音楽などを付けてネタにするという不謹慎な動画で話題を呼んでいる人物だという。

相棒らしい屈折した設定。あの老人が渡辺哲さんとは思わなかった。老けメイクかな。
微妙な設定もあるけどまあ相棒らしいということで・・・。

相棒15「ギフト」

相棒14「陣川という名の犬」での連続殺人犯、北が病院から逃げた、警備を担当した刑事は死んでおり、もう一名は気を失っていた。そして北から当時捜査を担当した伊丹刑事に電話が入る・・・。
前回、陣川君がらみで捜査に加わった右京と冠城は今回も独自の捜査を開始する。

とにかく野間口君が怖い、さすがのうまさか。相変わらず屈折した話で、係る人物もどうもおかしい。相棒らしい話ではあるのだがどうも前シリーズと同じく後味が悪い。
陣川君は今回ロンドンに研修に行ったことになっているらしい。今シリーズには登場しないのか。映画は未見で出演しているかは未確認。

べっぴんさんの時代考証

今朝か昨日か忘れましたが小澤龍一君のファッションがどうも昭和37年なのに学生運動のヘルメット(これは70年(昭和45年)安保<安保改定期の反対運動>でしょう)、そうかといって太陽族?のアロハ。なんだかなー。この時代を知っている人たちが作ってはいないのは、当たり前なんですがそれにしてもちょっとひどい。
あとは2か月以上、20代の女優さんたちが40代の母親世代を演じていくことに違和感が・・・。
今のところ話がちょっと地味なのですが、今後は栄輔のすみれへの思いがエピとして動いていくのか???
喜代さんと忠一郎さんはここで姿を消すのでしょうか。
喜代さんはすみれが仕事をするために(家事を賄う人)重要なんですが今後どうするのでしょうか?

TBSスペシャルドラマ「赤めだか」

あの立川談志師匠に弟子入りした、立川談春さんの苦労話。
学校の行事で談志さんの落語に接した信行(談春)。高校を中退し談志さんの押しかけ弟子となる。弟子とは名ばかりの談志の家の雑用を先輩弟子とこなし。師匠を怒らせて築地魚河岸での修業を命じられても何とか慣れて、晴れて二つ目となる・・・。
 
DVDレンタルにて視聴。TVは見逃し。立川談春さんのの談志さんへの入門話。
たけしさんが談志さんを見事に再現している。明らかにタイプは違うのに。自分勝手で破天荒、でも弟子のことは良く考えている、さすが談志さん。落語の本質を知っている。でもお友達にはなりたくないなー。
個性が強すぎる。

立川流(円楽党もそうだけど)席亭さんから許される日は来るのだろうか。寄席に出させてあげてほしいものだけど

相棒15「アンタッチャブル」

通り魔殺人事件、物証が少なく、あるのは目撃証言だったのだが、目撃者が警視庁高官の家族?らしい。目撃証言はその高官を通してのものだった、刑事部長の引き留めにもかかわらず、特命係の二人は目撃者からさらに直接証言を得ようとする。

なんだか簡単なミステリー、どうも今後の副総監やサイバーセキュリティ対策本部の青木君との関係の振りのエピなのか??

相棒15「元日スペシャル;帰還」

 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に、郊外のベッドタウン黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。また、前科のある人間を積極的に受け入れ、寂れかけた町を再生させるプロジェクトに取り組んでいる黒水町の町長・和合(八嶋智人)も列席していた。その会場に、四方田宛の差出人不明電報が届く。そこにはラテン語らしき文章と子供が描いたようなシロクマの絵が記されていたのだが、それを見た四方田はなぜか動揺して…!?

スペシャルらしい屈折ぶり。いかにも怪しそうな住民。伊藤歩さんはこのシリーズ初出演だったのかな。大杉蓮さんの副警視総監はこのシリーズで見かけたっけ。冠城が鑑識の真似ができるとは、正式に警視庁へ入る前の学校で米沢さん?の技術を習ったらしいが今まで(今シリーズ序盤)はそういう才能を発揮しなかったのか。まあいいや・・。
やはり最後でひっくり返しという相棒らしいエピ。

フリーエリア

こちらをクリックするとyahooさんのyahooボランティアのページが表示されます。
プロフィール

khtatu

Author:khtatu
テレビドラマブログへようこそ!
新ドラマ感想です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード